胃腸薬の由来

キャベツ

キャベツが最も美味しい季節がやってきました。
キャベツには、春キャベツと冬キャベツがあります。
家ではあまりキャベツを食べることはないのですが、外食の時はとんかつを食べるときはキャベツ大盛りでいただくことが多いんです。

冬キャベツの特長として、形が楕円で葉は締まり硬くて厚く、生食や加熱調理にも向いていて、秋から初春にかけて多く作られています。
また、キャベツの成分は、胃腸薬の由来になったほど、胃腸への効果が高い成分を含む野菜です!
それはビタミンUという効果成分。

胃酸の分泌成分をコントロールし、胃の粘膜を強くする作用があるため、胃お守り、胃がんを予防します。
また、イソチオシアネートという成分は、発がん物質によるガン化を抑制したり、活性酸素の害を防ぐ効果も。

ビタミンCも豊富で、外側の青い葉の方がビタミン類の量が多いので、捨てずに食べた方が良いようですが、傷んでいる事が多いので2〜3枚は捨ててしまうことの方が多いと思います。
そんな時は野菜炒めど方が良いと思いますが、加熱するとキャベツの栄養成分が半減してしまうような…