気になる臭いの原因

体臭チェック

<制汗剤>
肌が弱くなかったり、経度のわきがの人には、薬局で色々な種類の制汗剤がありますので、それをわきに使用するのが一番簡単だと思います。
銀イオンの入った制汗剤がおすすめです。
ただ皮膚の表面が少し粉っぽく、白くなったりすることがあります。

<塗り薬>
その他には、オドレミンをお店で買ってきて、においが気になる部分に塗ります。
オドレミンは、病院でも処方してくれるので、保険がきくので、お店で買うより、病院で処方されるほうがコスト的には、安上がりかもしれません。

<飲み薬>
肌が弱くて、肌に制汗剤や塗り薬をつけるのが嫌だという人には内服薬があります。
抗コリン剤という種類の内服薬を服用します。こちらも保険適用しますので、コスト的には負担はないでしょう。

全体的に体の汗の分泌を抑えることになるので、副作用としては、目や口の渇きやおしっこの出が悪くなるということが、ありますので、ずっと継続しての服用はおすすめしません。

<ボトックス注射>ボツリヌス菌をわきの下に注射して、汗の量を減らすことができます。
主にエクリン腺の汗に働き、汗の量を減らし、不快感をなくすことができます。

<手術>わきの下を切開して裏返し、アポクリン腺を取り除いていきます。
入院する必要はありませんが、3センチから5センチの傷が残るために、手術の跡が残ってしまします。
保険適用はしませんので、皮膚科ではなく、美容整形外科で行うことが多いようです。