飲んで良い青汁 飲んではいけない青汁?

ほうれん草

ご存じですか?青汁には、飲んで良い青汁と飲んではいけない青汁がある事を!
そんな噂があったのでネットこ口コミをいろいろ調べてみました。

まず、ほうれん草ですが、ほうれん草は、緑黄色野菜の代表格で、栄養分がたっぷりあります。
しかし、ほうれん草には、シュウ酸という成分が腎臓などに結石の原因になるようです。

なので、たくさんの量を生で毎日とり続ける青汁には、向かない野菜なのです。
ただ、シュウ酸は水に溶けやすいので、お湯で湯がいてから調理して食べる分には問題ありません。
生でなければ全く問題無いという事でしょう。
ほうれん草は青汁にせず、食事で食事でカラダ作りに役立てましょう。

また、モロヘイヤにもシュウ酸が含まれているので注意が必要です!
それに対して、青汁の代表的な素材として、ケールや大麦若葉が有名です。
ケールには苦味や臭みがあり、青汁には不向きと思われがちですが、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているので、青汁には欠かせない成分といえます。

ただ、やはり少しクセがあるので飲みづらい青汁になるようです。
対照的に、大麦若葉はニオイや臭みがほとんどなく、飲みやすい青汁になるようです。
最近の飲みやすい青汁には、癖のあるケールの代わりに臭いや臭みの無い大麦若葉が配合されています。